ハイパーテキスト

HOME    All    RSS    LOG IN
09 | 2017/10 | 11
<  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  >

スポンサーサイト  --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディア造形演習20090728  2009.07.28

レイアウト

決まったこと
タイトル
LIFE / think about future
日本語表記
ライフ-未来について-


未だ揃ってないもの
・前文
・表紙と裏表紙デザイン
・トビラ
・作家略歴
・奥付
・MAP
・よりきれいな写真(アペル)

見積もり
p56(表紙と裏表紙込み)
30部
フルカラー
58000yen

紙の厚み考えないと


8月5日最終ミーティング
18時~
アトリエ
スポンサーサイト

メディア造形演習20090714  2009.07.14

製本班
20人中の5人分原稿データ集まった。
(ダミアンハースト、宮島、柿崎、深野、クリスタ)

文字ばかりかなーと言うイメージ。
今週、来週と文章書くペースあげる。

画質あらい→写真さがし


執筆
書いてみてどうだったか、何に迷ったか
・自分の想いをいれるのかが難しいところ→けど、いれる
・どの程度想いをいれるか→一言?
・資料が見つからない→横尾
・ベクシンスキー→作品タイトルない
・資料にはまってしまう
・伊藤さん書きやすそう→情報が少ない
・1作品を2人の作家で作っていると書きにくい
・作家の略歴どこまで入れるか
・インタラクティブ作品は説明が増える

文章の第一案としれはOK
文体はどう統一するか→「だ」「である」で統一


記事の内容
・作家略歴
・作品内容
・なぜこの展覧会に選んだか
・それぞれ個別に原稿書くなら、担当者の名前を入れる
・3分の1くらいを個人の想いかく
・1分行程度がよみやすい


レイアウトのいろいろ
1作家が複数作品(柿崎、杉本、今森など)を同じ場所に展示する場合にレイアウトどうする?
・見開きプラスアルファとするか
・小さく写真とメインの写真とするか
・作品の数分見開きつかうか

今森は今回のメイン作品なので6ページくらいつかう。5Fもメインをたてるか?
・宮島を4ページくらいか

インスタレーション作品は全体と部分の画像がいるか
例えば、ダミアンハーストやヤマダリュウ

展示図は最後の方に見開きで4Fと5Fのせる

5Fのガラスのとこ使い方が気になる
仕切りのたてかたをしっかりと

入り口の方のタイルの作家さん、今回はなし


スケジュール
7月24日までに原稿完成

大塚さんにデータ送る→mixiにアップする

7月27日に泊先生に原稿渡す

増刷

7月28日10時40分~12時00分会議

メディア造形演習20090707  2009.07.07

企画班

4F
共存、水、光、希望につながるイメージ

E→大いなる自然の「崇高さ」美しさ
14.大庭大介「UROBORS」
15.柿崎順一

F→成長し続ける植物 命の「輪廻」
16.マリール・ノイデッカー「闇というもの」
17.澤野知佳「発芽」
18.ローラン&クリスタ「Intractive Plant Growing」

G→地球の原風景であり未来へつなげるべき理想の選択
今森光彦


製本班

サイズ A5タテ
30部 フルカラーP72

本を開いて左に文字、右に作品画像を基本
文字読みたい人は左を、画像見たい人は右を

メガデスや今森さんの作品などメインになるものは見開きを使ってドンとのせる

本文9pt
キャプション7pt~8pt

表紙は文字であそびたい

1作家1作品ならいいが、1作家10作品とかになったらどうするか

サイズ A5タテ
30部 フルカラーP72
で7万4千円
7名で1人1万、4部もらえる

7月中にデータ完成
8月にデータいれて
8月末くらいに手元


情報収集&執筆

作家情報
・氏名
・生年月日
・国籍
・肩書き

作品情報
・タイトル
・制作年
・サイズ
・素材

解説文
600字程度

写真
・web 画像あらい
・印刷物スキャン → 松井

原稿
・あいさつ文(はじめに) → 600字程度(リーダー)
・目次
・1部(5F) トビラ
・2部(4F) トビラ
・展示図(あまりカタログに載ってるものじゃないけど、今回は空想のためあったほうがいい)
・あとがき
・奥付(出版日など)


来週までに
具体的なデータ
文章に期待している

メディア造形演習20090630  2009.06.30

先週からの成果
40分の1模型

セクション
導入部
A
B
C
シメ


奥田くんが5階の流れ発表

20090630_5F


A→現在までの"人"としての"生命"の在り方(システム)を再確認してもらいたい
01.ダミアンハースト「Phermacy」
02.ロン「M&C」
03.アガム「命の糸」

B→命の多様性、はかなさ
04.ヴィオラ「天と地」
05.宮島「メガデス」

C→<退廃的>、人として弱い、生命、"文明"
06.アペル「広島の・・・」
07.杉本
08.佐藤
09.ベクシンスキー
10.ヤマダリョウ

D→人の"存在"意味
11.ヴィオラ「ラクト」
12.伊藤
13.横尾

5Fが人としての生命
4Fが人以外の生命
としてまとまるかも

大塚さん
人としての生命のありかた、杉本さんのどうかな?
ロンのポジションいいな。

浅田さん
宮島さんとヤマダさんの間があるのいいな。
Cのテーマがあやふや。
前後のつながりはいい。

野村さん
A、Bにヴィオラいれたい。
柿崎さんは?

田中くん
ゼロの空間→メガデス→今森
0→死ぬ→再生
ゼロの空間→ダミアンだと同じようなイメージつく
ゼロの空間のあとにはロンかなぁ。


Cの<退廃的>が?なので、もう少し検討
必ずその順で見せる→壁つくる
グループ、まとまりでみせる→壁つくらない
5Fのまとまりがみえてきた
4Fどうなるか
5Fくらいうめるのか?
4人くらいでつかうのか?
今森さんが半分つかうのか?

来週までに
奥田君
4Fどうまとめるか
4Fのテーマをあげる

みんな
作家、作品をもう一度あげる


ブック班
本のサイズ
ページ
などをきめる

主要作家&候補作家  2009.06.24

主要作家

Damien Hirst [Pharmacy] (1992)
Raynaud Jean-Pierre [ゼロの空間] (1981)
柿崎順一 [Cocoon Cockscomb] (2006)
Ron Mueck [Mother and Child] (2001)
Agam Yaacov [命の糸] (1970)
Appel Karel [広島の子供] (1958)
宮島達男 [MEGA DEATH] (1999)
佐藤時啓 [Breath-graph] (1992)
杉本博司 [Seascape] (1980~)
Zdzislaw Beksinski [no title] (-)
横尾忠則 [誰か故郷を思わざる] (2001)
今森光彦 [未定](里山の作品)


候補作家

石田尚志 [絵馬・絵巻] [絵馬・絵巻2]
http://www.geocities.jp/office_ishidatakashi/j_works.html

益村信子 [春が来る Spring has come]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~artnorth/sub0303.htm

ヤマ・ダ・リュウ [生命宇宙天文学] (2006)
http://web.mac.com/yama.da.ryu/iweb/genome-art/2008%20works.html

Bill Viola [天と地] [ラフト/漂流]
http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2006/11/post_65.html
http://www.roppongihills.com/jp/feature/vol055/index.html#block1

リスタ・ソムラー&ローラン・ミニョノー

ステラーク
«BACK | BLOG TOP |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。